ムスカリン受容体に作用しないチャンピックスと飲酒

チャンピックスは禁煙治療に用いられる禁煙補助薬であり、禁煙を求める多くの人に利用されるようになってきました。医療機関にかかって医師にニコチン依存症として診断されると禁煙治療として保険適用で治療を行うことが可能です。そういった魅力からチャンピックスを利用して禁煙を目指す人が増えてきているのが現状となっています。その作用はニコチンが作用するアセチルコリン受容体に対して結合することによって、ニコチンがもたらすよりも弱い作用を生み出すというものです。これによってチャンピックスはタバコを吸うよりもより少ない快感を服用者に与えることができ、タバコを吸った際にもチャンピックスの作用が競合するためにタバコから得られる快感が少なくなるという効果をもたらします。アセチルコリン受容体にはムスカリン受容体と呼ばれるものもありますが、チャンピックスはムスカリン受容体に対しては作用せず、ニコチン受容体に選択的に作用します。そのため、ムスカリン受容体由来の心臓や消化器官への影響をもたらすことがないというメリットがあります。一方、チャンピックスは日常生活の中に影響を与えるものがないと考えられていましたが、酒との相互作用について注意喚起がなされるようになりました。酒に酔いやすくなるという報告が相次いできたことから、米国食品医薬品局では飲酒に影響をおよぼす可能性があるとして注意喚起をするようになっています。同時に注意喚起がなされた内容としててんかんの発作を促す可能性についても行われており、チャンピックスを使用して禁煙を目指す際には注意しなければならない点となっています。しかし、その効果の高さから禁煙に活用する人は増えていくでしょう。