ニコチン依存症による禁煙にチャンピックスとベイプ

禁煙のアプローチとして高い注目を浴びているのがチャンピックスの仕様による保険治療です。治療の達成に8週間から12週間という期間が必要になるものの、ニコチン依存症となっていても高い確率で禁煙を達成できるというのがチャンピックスの魅力であり、人によってはストレスをあまり感じることなく、自然にタバコを吸いたくなくなることができると言われています。チャンピックスの優れている点はタバコをやめられない原因である、ニコチンへの依存に薬理学的なアプローチで対処できているということに加え、タバコを吸いたいという漠然とした魅力が原因となっている場合にも、その魅力を失わせることで対処できているということがあげられます。こういった点はベイプにも勝る点であると言えるでしょう。ベイプはタバコを置き換えることによってその害から身を離すというのがアプローチです。ベイプはタバコを吸うという動作が習慣化してしまっているのが原因となっているだけで、ニコチンに対する依存性を持っていないという人にとって有用性の高い禁煙のアプローチとなります。もし両方が原因となっている場合にはチャンピックスを使用しながらベイプも使用するというのも禁煙を目指すための方法として有用なものになるでしょう。ベイプは基本的にはニコチンが含まれていないリキッドを使用するのが一般的であるものの、ニコチンを含有するリキッドを手に入れることも可能です。そのため、ニコチン量を少しずつ減らしていくことでニコチン依存症の改善を目指すものとしても利用することが可能です。チャンピックスとは異なるアプローチでのニコチン依存症の解消法として注目しておく価値があるでしょう。