チャンピックスでの禁煙失敗例から学ぶ事

喫煙者がタバコを吸いたくなるのは、ニコチンが体内に入るとドーパミンが分泌され快感を得るためです。仕事中の一服や、ストレスや緊張を和らげる作用があることから、精神的に依存してしまう人もいます。食後にはタバコを吸うなどの習慣になって辞められない人もいます。
チャンピックスは、ニコチンの受容体に結合することで、ニコチンがなくてもイライラしなくなるようにしてくれる薬で、禁煙のときに使われます。12週間の間、薬を飲むことで、薬を使わないときに比べると楽に禁煙することができます。
しかし、チャンピックスを飲んでも禁煙に失敗してしまう人がいます。人は誰でも自分だけは大丈夫という思いこみをしてしまいますが、失敗から学ぶことで禁煙を成功に導くことができます。
例えば、チャンピックスを飲んでも、禁煙開始から3日目までは、やはりタバコを吸いたいという欲求が強くなり、イライラしてしまうことが多いです。このときに、これから12週間も禁煙を続けるのかと考えてしまうと、期間の長さに挫折していまう人が出てきます。そのような時は、「とりあえず今日1日だけタバコを吸わないようにしよう」と考えましょう。毎日の積み重ねで、禁煙を成功させることができます。
チャンピックスを飲んで、タバコへの欲求が減っても、飲み会などでアルコールが入ったときに、「1本だけ」という誘惑に負けてしまう人もいます。できるだけお酒を飲む場所を避けるなど、自衛するのもひとつの手段です。
そして、1カ月以上タバコを吸わないと、もう自分は禁煙できたのだと思い、薬を飲むのを勝手に辞めてしまう人もいます。薬なしでも平気だと思いがちですが、体にはまだチャンピックスが必要で、薬を飲まないとタバコに手を出してしまう人が少なくありません。

禁煙成功の為にチャンピックスの副作用を知ろう

薬には、必ず毒の反面があります。
禁煙補助薬チャンピックスも例外ではありません。チャンピックスを使って禁煙治療に臨む時には、必ずそのマイナス面も理解して使うことが大切です。
代表的な副作用として、吐き気や頭痛、上腹部痛、不眠、などがありますが、それ以上に怖いのがめまいや傾眠(眠くなる)です。
過去の事例では、自動車運転中に意識消失して事故を起こしてしまったケースがあります。そのため、チャンピックス服用後は自動車運転をしないように注意しましょう。
もし副作用が辛い場合には、薬を処方してもらった医師に相談すれば吐き気止めなどを処方してもらえる場合もあります。ただし、全ての副作用に有効な薬があるわけではありません。
これらの副作用を理解した上で使えば、チャンピックスは禁煙補助に非常に有効な力を発揮してくれます。
喫煙における健康への被害は以前から知られています。肺がんのリスクを高める、呼吸困難を生じるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の発症リスクを高めたり、症状を悪化させる、などもタバコの被害によるものです。
タバコには習慣性があるため、何度も喫煙してしまうと自力でやめるのが難しくなります。長時間ニコチンが入ってこないと、タバコへの切望感があらわれて、禁断症状が起こる危険性もあります。
これはニコチンの作用によるドーパミンの放出による害です。ドーパミンは快楽物質とも言われており、麻薬のような幸福感を感じさせます。ニコチンはドーパミンを大量に放出させるために、このような被害を引き起こします。
チャンピックスは作用上、ニコチンの代わりに受容体に結合してドーパミンを発生させますが、ニコチンのそれと比べるとかなり弱いため、安全に禁煙治療を行うことができます。

チャンピックスはネット通販で買えるんです!

ニコチンを含まない禁煙補助剤と言う特徴を持つチャンピックスは、禁煙外来で処方をして貰う事が出来る医薬品です。
しかし、禁煙外来を利用しなくてもチャンピックスは通販サイトを利用して購入する事が出来るようになっています。
但し、禁煙外来での治療と言うのは、保険適用となるので費用負担は3割で済むと言ったメリットが在ります。
そのため、通販では保険適用外となるため、費用面で考えた場合は禁煙外来を利用した方が安く済む計算になるわけです。
禁煙外来での治療と言うのは、専門医による禁煙のアドバイスや処方箋などが中心になるのが特徴です。
処方箋を受ける事で、身近な場所にある調剤薬局に行けばチャンピックスを購入出来ますし、購入する時の費用も保険が適用されるので通販サイトを利用するよりも安いと言う事です。
尚、禁煙外来で保険が適用するのには条件が在ります。
まず、初めて禁煙外来に訪れた場合、1週目から12週目までのチャンピックスについては保険適用となりますが、12週以降の薬代は保険適用とはなりません。
また、禁煙外来を利用していた人が、途中で通院を止めてしまった場合、再び禁煙外来で保険治療を受けるためには初診より1年と言う期間をあける事が必要となります。
この場合は、初診の時と同じように保険治療を受ける事が出来ると言う事です。
尚、病院に行く時間が無いと言う人や、近くに病院が無いと言う人などは通販サイトを利用してチャンピックスを購入するのに便利です。
そもそも禁煙外来と言うのは全ての病院に在る診療科ではありませんので、近くに禁煙外来の診療科が無い場合など、禁煙補助剤としてチャンピックスを使いたい人にとって通販は便利な存在なのです。